新しい車所有のかたち、カーリースってどんなもの?

マイカーを所有するという形からリースするという形

現在は個人一人は自宅にマイカーを所有しているという事実

今自家用車は日本ではどの過程にもあり、免許を取得しているひとに必ず一台といっていいほどあるものになっています。
免許を持っていればまず必ずといっていいほど自動車を購入していますね。
それどころか一家に一台ではなく家族一人に一台、あるいは一人で2~3台という人も珍しくないようですね。
それだけ自動車が普及したということと、購入も昔に比べてしやすくなったということでしょうね。
ただ日本は国土の割りに供給過剰気味の感がいたします。
また、特に世代の若い方や女性に多いですが、住宅事情や資金の面でいまだ自家用車が持てない人も多くいます。
そういう意味では普及に多少偏りのあるのが現代の日本の自動車事情といえるのかも知れません。
しかし最近、新しい提案として今までと違う自動車との付き合い方が注目されています。
それはマイカーリースという方法です。
自動車を保有するのではなく会社からリースという形で借り受け、それを契約して運転するというものです。
車検、重量税、車税、任意保険など契約した会社にまかせっきりでよく、自分はリース代の支払いのみという非常に便利で資金難の方にはうってつけのアイディアです。
もちろん運転する自動車は中古などではなくすべて新車から選べます。
リースなのに毎日新車を運転できるのは魅力的ですよね。
でがこのサイトでは最近注目のマイカーリースの実態とメリットはいったいどういうものなのかに注目し深く掘り下げ調べていってみたいと思います。

カーリースによる新しい感覚の車保有

個人のマイカー所有率は非常に高く、ほとんどの個人が一台持っている現状になるでしょう。 まさに一家に一台といった印象ですね。 ひょっとしたら個人で2~3台持っている人もいるかも知れませんね。 それほど日本の車依存率は高く、必需品となっている感がしますね。

運単車は一人なのに家庭に2台、3台と所有している

まさに一家に一台といった感じですが、中には運転者は一名しかいないのに2~3台車を保有している例も聞きます。 それほど自動車が普及し、保有しやすくなったということでしょうね。 ただ国土の割りに日本は自動車の保有率は過剰といった感がします。 他の国と比較すると目立ちますね。

自動車を保有するという感覚ではなくリースするという感覚

ただ、これだけ有する人間が増えてしまうとおき場所の問題も起きますし、不法駐車も増加しそうですね。 また若年層や女性などは住環境や資金の問題からマイカーをもてない方も数多くいます。 そこで自動矢を購入するのではなくリースで借りるといった新しい自動車の保有法が注目されています。