マイカーを所有するという形からリースするという形

>

カーリースによる新しい感覚の車保有

日本の自動車を所有している割合の高さ

現在では日本の自動車免許保有率はとても高く、たいていの方が自動車を保有していますね。
まさに一家に一台といった感じでしょうか。
それどころか各家庭の個人に一台、さらには個人で2~3台といった方もいるようですね。
それだけ自動車の普及が高まったことと購入が昔に比べしやすくなったこともあるかもしれませんね。
海外諸国と比べても保有率は高く、車社会というところもあり目だっていますね。
国内車だけではなく輸入車の購入率も高く、日本はまさに自動車であふれかえっています。
仕事や業務で使う車はもちろんですが特に日本で目立つのは自家用車の保有率の高さです。
レジャーや私用目的で保有している方々の数が日本は非常に目立ちます。

国土に比べて過剰な日本の台数

しかし国土の大きさに比べて日本は自動車に関しては供給過多といった感じがいたします。
ペーパードライバーで週に一日程度しか運転しない人も多く、保有率の割に実際に稼動している自動車の割合は日本では低いのではないでしょうか。
これは環境問題や交通の状態からしても少し考えないといけない時期に来ているのではないかと思います。
ただ所有している人たちから見れば自動車は家庭に絶対必要なものですし、簡単に手放す方がいるとも考えにくいです。
さらに人口が都市集中型の日本では特に過疎地の方にとっては自家用車は必須であり、自家用車がなければ生活に支障をきたす方々がたくさんいるのも現状として大きいです。
過疎地の方々にとっては重要な足であり、死活問題といっていいでしょう。


この記事をシェアする