マイカーを所有するという形からリースするという形

>

運単車は一人なのに家庭に2台、3台と所有している

個人で保有が複数台ある日本の現状

ただ、個人で複数の車を持っている方の感覚はどうなのでしょうか。
まあよほど自動車に魅力を感じて複数の自動車を運転したいという方もいるでしょうし、また複数持つことをステータスとして考えている人もいるでしょう。
確かに高度経済成長期から自動車は豊かさの象徴として捉えられているところもありますし、いまさら自動車を持っていないなんてという風に考える人も多いのでしょうね。
これはやはり年層が高い方の世代に多く見られる現象ですね。
逆に昨今では若年層を中心に自動車離れが進んでおり、特に都市部に居住している人は自動車はまったく必要ないと考えている人が急増し、自動車運転免許の取得率が下がっているというデータもあります。

普及の早さに対して持てない人は

しかし自動車を持ちたいのだけども資金の事情や住居環境で自動車を保有できない人も多くいるのも事実です。
また最近の自動車はファッション化も進み、定期的に買い換える方もいると聞きます、そうなると結構な金額がかかりますよね。
予算がたっぷりある方は良いのでしょうけど、そう簡単に皆さんすべてが買い換える需要がそうあるとは思えません。
すると買い換えることを前提にした場合、自動車を所有するという考え方も少々今の時代では古い考えになってきているのかも知れませんね。
事実都市部に居住している方々は自動車を保有するという感覚が薄れてきているようですし、過疎地の方々には必需品となっていますが、そろそろ自動車の保有というのも住み分けが必要なのかもしれませんね。


この記事をシェアする